スポンサーリンク

【初海外】初めての海外旅行に台湾がオススメな理由【親日】

Life

初めての海外旅行って,どこに行っていいかわかりませんよね。

初めてが微妙な思い出になってしまうと,次にも踏み出しにくくなりますし,せっかくなら楽しい思い出にしたいものです。

そこで,初めての海外旅行は台湾をオススメします。
飛行機で関東から4時間ぐらいで行けるのも,メリットの一つです。

なぜ,台湾がオススメなのか,以下の3点にまとめました。

・物価が安い
・人が優しい
・ご飯がおいしい

※円換算には,2019年12月の為替レート 1元=3.57円を使用しています。

 

物価が安い

日本に比べて,台湾は物価が安いといわれています。

ただ,少しずつではありますが台湾の物価が上昇しており,一部では日本と同じぐらいだったり,日本より高いものもあったりします。

代表的なものの値段を以下で紹介します。

ペットボトルなどのお水

旅行にかかわらず,生きるのに欠かせないのが水です。
基本的に水道水は飲めませんので,購入する必要があります。
500mLのペットボトルでおよそ20元(約70円)程度です。

タクシー

移動手段の一つとしてよく使うのがタクシーですね。
タクシーは初乗りが70元(約250円)となっています。
九份や十份など,観光地では観光タクシーというのが走っており,
台北駅周辺などで利用するよりも割高になってしまいます。
1日観光すると決めているのであれば,観光タクシーをチャーターをした方が安くなります。

地下鉄(MRT)

台北MRTは,台北市内を走っている地下鉄で,本数は5分に1本程あります。
市内を移動する際には,最も便利な交通機関といえます。
台北駅から士林夜市や台北101に行くときは利用することになると思います。
料金は距離によって異なりますが、20元から50元(約70〜180円)程度です。

 

人が優しい

台湾観光で少しきょろきょろしていると,現地の人が「どうしました?」と日本語で話しかけてくれたりします。

私自身,何度か台湾を訪れていますが,行くたびに現地の人々に助けられています。

特に,九份や十份に行く場合には,タクシーやバスを使わない場合,MRTではなく,台鉄と呼ばれる電車に乗ります。

この電車の切符を買い方がとてもややこしく,私自身何度も苦しめられ,現地の人に助けてもらっています。

ご飯がおいしい

旅行の醍醐味の一つがご飯です。
台湾のご飯はとてもおいしく,値段もリーズナブルです。
高級なお店に入ればそれなりにかかりますが,屋台やローカルなお店では一食50元(約180円)ぐらいあれば十分です。

魯肉飯

台湾といえば!というほど有名な魯肉飯ですが,30元(約110円)ぐらいで食べることができます。お店によって少しずつ味付けが違ったりするので,色々な場所で食べてみるのもよさそうです。

 

小籠包

小籠包に関しても値段は場所によります。
鼎泰豊という有名なお店では,10個で200元(約700円)ぐらいです。
ちょっと高めですが,日本国内で食べるよりも安く,本場の味が楽しめます。
また,鼎泰豊はサービスがとても良く,初めて行く人に是非オススメしたいです。
ちなみに,日本語も通じます。

鶏排(ジーパイ)

個人的にオススメしたいのが,鶏排です。
士林夜市などに売っていて,70元(約250円)ぐらいです。
辛いスパイスをかけるかどうかなど聞かれます。
辛いのが好きなら辣(ラー),辛いのが苦手なら不辣(ブーラー)と言いましょう。
油で手が汚れたりするので,ウエットティッシュがあると良いです。

 

デメリットもある

メリットが多くあることを紹介しましたが,デメリットも少しだけあります。いざ行って不快な思いをしないために,ぜひチェックしておきましょう。

交通マナーがあまりよくない

画像などでみたことがあるかもしれませんが,バイクがとても多いです。
左右の確認後に横断歩道を渡っている時,颯爽とバイクが現れて轢かれそうになったことが何度かあります。

タクシーの料金が安く,利便性が高いことは上のメリットで紹介しましたが,運転手によってはかなり運転が荒いです。特に,高速道路などは追い越しが当たり前で,日本でいう煽り運転のような光景もかなり目にします。

乗り物酔いなどをする方は,酔い止めなどの常備薬を持っていったほうが安全といえます。

トイレ事情が難しい

日本では,使用済みのトイレットペーパーは水洗トイレに流しますが、台湾では一般的に流してはいけません。備え付けのゴミ箱があり,そのゴミ箱に使用後のものを入れるのが習慣として多く残っています。

古いトイレでは排水管が詰まってしまうということが懸念されていました。現在では,水溶性の紙であれば流して良いというものだったり,逆に,ゴミ箱に捨てないでという場所もあります。日本からトイレに流せるポケットティッシュなどを持っていくと安心できそうです。

備え付けの紙自体がない場所もあるので,気をつけましょう。

 

まとめ

台湾は同じアジアでありながら,文化の違いがあり,異国情緒あふれる国です。

上述したように良い点がたくさんありますが,交通マナーや電力事情に関してはまだ不安定な部分もあるので,注意が必要です。

海外に行く際は,お邪魔させてもらっているという気持ちを忘れず,常に謙虚でいたいものですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました