スポンサーリンク

【WordPress】ブログにTwitterでのツイートを埋め込む方法【Twitter】

WordPress

ブログを書いていると,
「あのツイート,ブログに引用したいなあ」
っていうとき,ありますよね。

今回は,そのやり方を紹介したいと思います。

私はWordPressテーマ Cocoonを使用していますので,
それ以外のテーマを使っている方とは少し表示などが異なるかもしれません。

記事への埋め込み方

では,埋め込み方についての説明をしていきます。

ツイートの右上に「v」のようなマークがあるので,
その部分をクリックします。

 

次に,「ツイートを埋め込む」をクリックします。

そうすると次の画面に変わります。

英語ばかりで一見怪しく見えますが,大丈夫です。

水色の「Copy Code」をクリックします。

 

クリックすると,ポップアップが出てきて、
コピーができたことを教えてくれます。

コピーが完了したので,
続いてワードプレスでの貼り付け方について説明していきます。

 

やりがちなのは,ビジュアルエディタに貼り付けてしまい、
表示されないミスです。
私自身もやったことがあり,困惑しました。

テキストエディタを選択し、貼り付けましょう。

このように、先ほどコピーした文字が貼り付けられました。

確認のため,テキストエディタからビジュアルエディタに切り替えます。

切り替えると,上の画面のように表示され、
貼り付けがちゃんとできていることがわかります。

著作権は大丈夫?

埋め込み方は上記で説明した通りです。
簡単にできそうです。

でも,,

著作権は大丈夫なの?訴えられない?

そう思いますよね。私も調べるまでは不安でした。

ユーザーは、本サービス上にまたは本サービスを介して自ら送信、投稿または表示するあらゆるコンテンツに対する権利を留保するものとします。ユーザーのコンテンツはユーザーのものです。すなわち、ユーザーのコンテンツ(他のコンテンツに組み込まれたユーザーの音声、写真および動画もユーザーのコンテンツの一部と考えられます)の所有権はユーザーにあります。

(引用:Twitter サービス利用規約)

 

これを読んだ限りでは,よくないように見えます。
しかし,この後に続く文章があり,それによって可能となっています。
それがコチラになります。

ユーザーは、本サービス上にまたは本サービスを介してコンテンツを送信、投稿または表示することによって、当社があらゆる媒体または配信方法(既知のまたは今後開発される方法)を使ってかかるコンテンツを使用、コピー、複製、処理、改変、修正、公表、送信、表示および配信するための、世界的かつ非独占的ライセンス(サブライセンスを許諾する権利と共に)を当社に対し無償で許諾することになります。このライセンスによって、ユーザーは、当社や他の利用者に対し、ご自身のツイートを世界中で閲覧可能とすることを承認することになります。ユーザーは、このライセンスには、Twitterが、コンテンツ利用に関する当社の条件に従うことを前提に、本サービスを提供、宣伝および向上させるための権利ならびに本サービスに対しまたは本サービスを介して送信されたコンテンツを他の媒体やサービスで配給、放送、配信、プロモーションまたは公表することを目的として、その他の企業、組織または個人に提供する権利が含まれていることに同意するものとします。ユーザーが本サービスを介して送信、投稿、送信またはそれ以外で閲覧可能としたコンテンツに関して、Twitter、またはその他の企業、組織もしくは個人は、ユーザーに報酬を支払うことなく、当該コンテンツを上記のように追加的に使用できます。

(引用:Twitter サービス利用規約)

上記をまとめると,
・ツイートは,ツイートをした本人のもの
・ツイートをした時点で,Twitterの利用規約に同意したものとなり,
運営会社が好きなようにできます。
Twitter自体の機能を使っていれば,引用してもOK

ということなので,上記で説明した通りにやれば,問題はないということです。

その為,スクリーンショットでの引用や転載はNGとなります。

スクリーンショットを撮影し,載せたくなりますが,
Twitterの「埋め込み機能」を使用して引用および転載を行いましょう。

 

まとめ

いかがでしたか?

ツイートの引用をすることで,他の人の意見を載せられるだけでなく,
発信元がしっかりしているニュースなども載せることが可能となります。

ただ,どんな方法でも載せて良いというわけではないので,
その点に気をつけなければなりません。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました